鎌倉駅から徒歩4分 鎌倉の英会話スクール
IAC インターナショナル・アカデミック・コンサルタンツ

ニュース&ブログ

News & Blog

2017.08.31

Sally Lunn


鎌倉に引っ越ししてパン教室を見つけました。ヨーロッパのパンを主に教えているクラスでケーキのコースもあります。自分でもパンを作っていたのですがどうしてもうまくできず、どこかに通いたいなぁと思っていたので早速申し込みました。その時すでにコースは始まっていて初心者のコースは基礎から始めないといけないようで、次の年まで待つことになりました。ただドイツのクリスマスのケーキ「シュトレン」なら初心者でも参加できるとのことでケーキですが捏ねる作業もある「シュトレン」を習いました。スパイスたっぷり使ったクリスマスのケーキです。

 

 

今はパンコースも基礎科を終え応用科になり、先日はイギリスのパン「Sally Lunn」のパンを習いました。“Sally Lunn”はこのパンを考えた人の名前です。彼女はフランス人で1680年、迫害から逃れイギリスへ来ました。名前は彼女の発音がフランス訛りで強かったためイギリスではSally Lunnとして知られるようになったそうです。イギリスBath (バース)のティーショップ「Sally Lunn’s Eating House」ではこのパンを「bun(小型の丸いパン)」と呼んでいます。ホームページを見ると上半分を甘いパンとして使い、下半分はお惣菜パンとして使われると書いてあります。私も一度、このティーハウスへ行ったことがありますが混んでいたので入らず、お店の前で写真を撮ったのを覚えています。今度は必ず本場BathのSally Lunn’s bunを食べてみたい!

 

 

お店のホームページ http://www.sallylunns.co.uk/our-menu/

 

ぽれぽれ

2017.08.30

ゴーヤ


久米島に行くようになってからお店でゴーヤを見かけるたびにまた行きた~いと思うようになりました。それなら自分で育ててみようと思い、小さな苗を買いました。それが今では家の外壁と窓を覆うくらいになり、おいしそうなゴーヤができました!

Our first goya!  Each time I look at it I want to go back to Kumejima!!  It started as a tiny plant, and is now covering the front of our house.  I’m not quite sure why we only have one goya, since there are lots of flowers, but maybe it’s a late bloomer??

 

LL

 

 

 

2017.08.26

渡名喜島


Tonaki Island

 

After four days of not ideal conditions in Naha, I boarded the 8:30 am ferry to Tonaki Island, having no clear idea of what to expect when I got there.  Most likely because of the festival taking place that weekend on Kumejima, featuring Begin, the ferry was packed, with people sitting and sleeping all over the place.  Luckily, I boarded early enough to get a seat, so had a very pleasant trip to the island, with amazing views of the stunning ocean.

 

I arrived at Tonaki not knowing much about the island, other than the fact that there are fewer than 400 people living there.  I looked at a map in front of the ferry terminal and started walking to my minshuku (guest house), and was greeted by a very sweet woman who was waiting for my arrival.  As soon as I checked in and changed my clothes (I’ve never been so hot before in my life!) I immediately headed to the beach, via one of the two shops (more like someone’s front room with a few drinks and essentials) to buy a bottle of water.

 

My first impression:  Where is everyone?

 

It was so hot that most people were staying inside, but since I only had one day there and I’m stubborn, I kept going.

 

The beach was beautiful, the architecture was amazing, and the people were super friendly, when I finally ran into a few.

 

Here are some pictures from the island. I would definitely recommend visiting!  You might even encounter a few sea turtles.  😊

                 

 

LL

2017.08.21

迎賓館


こんにちは!最近、涼しいと思いきや雨ばかりで夏はどこへという感じですが、皆様はこの夏をどう過ごされていますか?

 

先日、東京港区にある迎賓館へ見学に行ってきました。安倍政権により昨年春から一般公開が決定され、テレビでそのことを知りその歴史と建築物のすばらしさを是非知りたいと思いました。

 

迎賓館はもともと紀州徳川家の江戸中屋敷があったところだそうです。明治維新以降、日本は近代国家として成長しました。明治32年、洋風の東宮御所を新たに建設する気運が起こり10年の歳月をかけて赤坂離宮が完成しました。見学は迎賓館の周りと中にも入れます。中の装飾は本当に美しいものばかりで、20世紀初頭の英国貴族とその使用人たちがテーマのドラマ「Downton Abbey」を思い出させられました。壁にはレリーフが施され明かりはシャンデリアです。見学できる部屋はいくつかあります。「花鳥の間」という部屋は天井に描かれた油絵、壁面に飾られた30枚の楕円形の七宝などに花や鳥が描かれたことに由来します。他にも「彩鸞(さいらん)の間」、「羽衣の間」そして「朝日の間」とあります。残念ながら「朝日の間」は改装ということで扉は閉ざされ今後2年の間は見られません。また新しく公開されるのを待つしかありませんね。

 

 

正面外観、主底、正面玄関も見学できます。迎賓館の中では写真撮影は禁じられていますが、外であれば撮影は大丈夫です。是非、一度訪れてその歴史の深さを感じてみてはいかがでしょう。

 

ぽれぽれ

1 / 212