鎌倉駅から徒歩4分 鎌倉の英会話スクール
IAC インターナショナル・アカデミック・コンサルタンツ

ニュース&ブログ

News & Blog

2018.03.13

ABC Song


ABC Alphabet Phonics

My 2 year old daughter goes to an international school, and she already knows the alphabet song quite well. The alphabet song is one of the easiest ways to get familiar with particular pronunciation of 26 letters with some rhythm. If you search through YouTube even the kids version, there are many songs with the alphabet.

A apple A A A
B bear B B B
C cow CCC
D dog DDD
E egg EEE
F fish FFF
G goat GGG
H hat HHH

ABCアルファベットソング

2歳の娘がインターナショナルスクールに通学して既にABCの歌を日々口ずさんでいます。ABCアルファベットソングを使って英語で一番大事な26英字の発音を音楽のリズムとともに学ぶのが一番です。YouTube キッズバージョンでもたくさんのABCアルファベットソングがあるので是非お気に入りを見つけてみてくださいね。

Mihoko

2018.03.12

BYOB ENGLISH!


みなさんBYOBって知ってますか? “Bring Your Own Bottle” の略で、パーティーとかにワインでもビールでも何でもいいのでドリンクを持ってくるよう案内する時に使われます。国によってはレストランでもよく使われます。そこで、IACでも BYOB English Class を企画してみました!!レベルは問いません。

 

第2・第4木曜日  19:00~20:30 (その間の出入り自由)

参加費     ¥1,000(おつまみ付き。ご自分のお飲み物は御持参ください)

場所: (株)インターナショナル・アカデミック・コンサルタンツ

    鎌倉市御成町8-33

お問い合わせ&お申込み: 0467-25-5925/info@iacademic.co.jp

 

 

2018.03.05

印象派の画家たち


先日、国立新美術館へ印象派展ビュールレ・コレクションを見に行ってきました。この展示会の絵画は印象派のマネ、モネ、シスレー、ゴッホ、ルノワール、ドガ、ピサロ、モダンアートのピカソなどの画家たちのもので絵はすばらしいものでした。ゴッホは日本の浮世絵をかなり愛好していて自身の作品にも浮世絵の構造をまねた作品があります。今回もその彼の絵の中にひとつありました。真ん中に大きな木を描きそのすぐ横に人を描いていますが見ていても興味深いです。後ろには大きな太陽。その絵の印象が残ります。モネの作品はカラフルな作品が多く、色の表現がすごいなぁといつも感じさせられます。展示会の最後に展示されているモネの「睡蓮の池、緑の反映」は日本で初の展示でスイス国外に出たのが今回初めてだそうです。知らずに見てました・・・。

 

この展示会の後、すぐ横にある展示室では5つの美術大学の卒業生たちが製作した作品も展示されていてちょっと入ってみることにしました。そこにはなかなかおもしろい作品がたくさん。絵画や彫刻などです。本当にたくさんの作品が展示されていてすべては見れませんでしたが、作品は本当にすばらしいものばかりでした。特に彫刻は興味深いものがたくさんありました。題名も変わったものばかりで芸術として出来あがっているのを見ると本当に感心してしまいます。

その帰り道ですが、なんと電車が火災の影響で止まってしまい、駅には結構な人が・・・電車がやっと復旧したころに新橋駅へ到着しましたが、少し時間を潰してやっと帰宅。ちょっと疲れました。

ぽれぽれ

 

2018.03.05

New Staff


皆さん
初めまして IACのMihokoです。
IACや英語について誰よりも熱く語りたいなあと思いますので今後とも末永いお付き合いよろしくお願いします。

幼い頃から父の仕事で海外生活が長くフランス、オランダそしてアメリカで大学卒業、就職で両親と供に帰国。
外見も中身も日本人な私ですが、英語となれば西洋人化ってそんな言葉はないですね。文化・習慣の違いでなのか私自身の人格も多少変わるようです。
バイリンガルとして育った環境を与えてくれた両親には本当に大感謝、何より大事だなあと思うのは祖国母国を愛してこそ使い分けが出来てこそ本物のバイリンガルと言えるのかなと勝手ながら思うのです。

IAC日本の古都鎌倉にて歴史あふれる街で少しでもバイリンガルに近づいてみませんか。

Hello Everyone
My name is Mihoko from IAC.
Love to talk and share about IAC and English in general so please bear with me going forward.

Due to my father`s job, I have lived abroad in such countries as France and the Netherlands, and graduated from university in Missouri, US.  As my parents have returned to Japan, I decided to start my career in Japan, which is my home country.
I am a Japanese both inside and outside, but if I speak English I am westernized.
So thankful to my parents who gave me the opportunity to become bilingual.  However, I do think that loving your hometown and your roots is the most important thing to become bilingual and being able to use and distinguish both.

Why don`t you try to become bilingual in such a historical place like Kamakura — at IAC.

Mihoko