鎌倉駅から徒歩4分 鎌倉の英会話スクール
IAC インターナショナル・アカデミック・コンサルタンツ

ニュース&ブログ

News & Blog

2017.10.16

My Mom’s Memories: The “Benjo” Man


We have two amazing children who, throughout their lives, have been adaptable to various difficult and unusual situations. In 1964 we tore our 2 year old daughter and 3 year old son away from their grandparents and friends in Oregon, bringing them to Japan, which was a strange and unknown country for them and for us. Don (my husband) and I wanted a one year adventure and the kids had no choice! None of us spoke a word of Japanese and it was difficult for us all, at first, to make new friends in Tsujido.

 

It turned out that one of the kids’ first “friends” was the English-speaking benjo man who came to our house once a month.  He had previously worked on one of the US military bases, probably in Atsugi, so spoke some English. Hungry for English speaking friends, our children soon discovered that they could use their native language to converse with at least one other person besides their parents.

 

The odor from the vacuum truck, blocks away from our house, alerted us to the fact that we would soon be visited by this man. The kids were pleased, but I wasn’t quite so delighted since it seemed that on the day that he came, my most sophisticated, well-dressed ladies also came for their English lesson.

 

The kids would sit by the outdoor area where he used his vacuum hose to clean out our toilet, chattering away in English. Although he was initially their one and only English speaking “friend”, they gradually became friends with a few neighbor children.

 

These two children of ours must have been pretty unsettled at first, but gradually started to fit in, finding friends in the neighborhood, but none of them spoke English as well as that benjo man.

 

Kids are amazing and I feel that ours were exceptionally so.

 

AAH

2017.10.09

秋ですね~。


やっと涼しくなってきました。秋になるとフルーツがおいしいですね。ぶどうや梨。このあいだ柿もスーパーで見つけました。またキノコもおいしい季節です。

先日、主人の生徒さんから栗を頂きました。鬼皮がついた栗だったので初めての鬼皮剥きに挑戦です。ネットで鬼皮の剥き方を調べると栗を一晩水に漬けておき、次の日に柔らかくなった鬼皮を剥くという行程です。いろんなやり方がありますが、これが一番簡単そうだったのでこれにしました。鬼皮は多少の硬さはありましたが包丁で簡単に切ることができました。鬼皮の後は渋皮です。これも硬かったですが少し深めに切って全ての栗の皮むきを終了!

お米は新米を使いました。新米は水加減がちょっと難しい・・・。それを考えて鍋にお米、水、そしてお酒少々、塩、みりん少々、最後に液体こうじを入れて栗を置き炊飯。ル・クルーゼの鍋で炊きました。火をつけて中火で炊飯し中が沸騰したら弱火で約13分。私はお焦げが好きなので匂いを嗅いで少し焦げくさいなぁと感じたら火を止めるようにしています。

栗ご飯と秋刀魚。もちろん大根おろしも忘れてはいけません。写真で見るとちょっと素朴な感じですが、これが体にはいいんです。新米は甘くておいしったです。水加減、ちょっとだけ失敗しましたが長めに蒸らしたら、なんとか大丈夫でした。

ぽれぽれ

2017.10.08

Cool Biz (MMM)


2017.10.06

文化祭(Tea Ceremony)


先日の日曜日、主人と二人で私の仕事仲間の娘さんの学校の文化祭へ行ってきました。私も久しぶりの文化祭でどんな感じかなぁと楽しみにしていました。娘さんがやった催しは茶道部としてお茶を提供すること。自分も高校生の時に授業で裏千家のお茶を習っていましたが作法なんかもう頭には残っておらず、茶わんの持ち方くらいしか頭にありませんでした。受付けの女の子に裏千家か表千家か聞いたところ、そのような形式はなく自由に茶を楽しむ気持ちで飲んでくださいとのこと。主人は何度か日本でお茶を飲んだ経験がありますが、畳の部屋できちんとしたお茶を飲むのは初めてでした。これも彼にとってはいい経験だと思いました。

 

いよいよお茶の会が始まりました。畳の上に正座。子供のころは毎日正座で食事をしてましたが、大人になってまったく正座の習慣がなくなりすぐに足が痛くなってしまい辛かったです。まずお菓子が配られその後にお茶。お茶は音を出して飲むのがいいと言います。それはお茶がとてもおいしいという意味を表すからです。その音を出すのも意識すると難しいものです。

 

お茶を用意してくれたのは二人の生徒さん。二人とも浴衣を着てました。授業できちんと習っているだけあり、言葉も身のこなしもすばらしかった。日本のすばらしい文化のひとつですね。私はそれをすっかり忘れてしまいましたが・・・。

 

ぽれぽれ