鎌倉駅から徒歩6分 鎌倉の英会話スクール
IAC インターナショナル・アカデミック・コンサルタンツ

ニュース&ブログ

News & Blog

2019.10.01

日本の英語教育について


日本の英語教育について…と言っても、正直、私には他の国での英語教育がどのような状態かわからないので、何とも思いを巡らせることが難しいのですが、先日、台湾人夫婦の友人と会話した時のことを思い出しました。

リサ(妻)は、以前半年程日本に滞在しており日本語も随分と話すことができます。また、学生時代の留学経験から英語も堪能。ユーミン(夫)はというと、留学経験はないものの、彼も英語がペラペラ。そんなユーミンに尋ねました。「ユーミンはなぜそんなに英語が話せるの?」と。すると彼は、「話したいからだよ!」と。リサによると、彼らの周りの友人(台湾人)のほとんどが、ユーミンと同じくらいに英語が話せるとのこと。台湾の学校での英語教育がどのようなものかは聞いていませんが、ユーミンの言った「話したいからだよ!」という答えが、とても印象的でした。

“話したいから話す” ―もし私が、“話したい”と思ったら、英会話教室へ通う、もしくは留学するということしかほぼ浮かばないのですが、彼の言う“話したいから話す”は、もっと、日常生活の中にある景色のようなものを連想させました。そう思うと、考え方によっては日本にいても、“話したいから話す”ことができたのかもしれないと、今更ながら思ったりするのでした。

これまで、私が学校で受けてきた一通りの英語教育を思い起こしてみると、その内容のTOP3と言えば、単語を覚える、文法を覚える、発音練習…というものだったと感じており、そこに、「話せるようになる」もしくは、英語で「コミュニケーションをとれるようになる」という意識は薄かったように思います。英語教育と英会話は、やはり別物として考えられているものなのでしょうか。

英語を勉強する意味や目的は、人によって異なるのかもしれませんが、私にとってはやはり、“外国の人と意思疎通できるようになる”ことが一番の目的だと感じるのですが、実際に学校で学んでいた時の目的は、テストのため、受験のためだったと、今あらためて気づきました。折角、若くて柔らかい頭を使って、それなりの時間も使って、「勉強」していたのに…我ながら、もったいない!そう思いだしたのでした。

Izumi

2019.09.04

憧れた「ケトル」


2度目の登場、Izumiです。IACの事務所にいて、英会話を耳にしると昔々の記憶がぽろぽろと蘇ってきます。

私が高校1年の時(カトリックの女子高でした)、同じクラスに、とっても可愛くて優しくて成績優秀な女の子がいました。彼女はその冬からカナダにある学校への留学を目指しており、英会話教室にも通って準備をしていました。

ある日、学校での英会話の授業中、外国人の先生が「ヤカンは日本語て何て言う?」と問いました。クラス中が「・・・」と沈黙する中(わかっている子もいたと思いますが特に声をあげる子はいません)、先生があてるのは彼女です。すると彼女は、かわいい声で「ケトル」と答えました。私の中にとてもかわいい「ケトル」がインプットされた日となりました。当時、学校帰りに英会話教室に通う彼女をとてもかっこよく、羨ましく思ったものでした。

ちなみに彼女はその後、無事にカナダの志望校へ留学し、大学も向こうで卒業しました。高2の夏に一時帰国した彼女は少しふっくらし、健康的に日焼けをしていてとっても大人びて見えました。「映画が字幕なしで観られるようになったかな」そんな話を皆に囲まれ廊下で話していたのを思い出します。

私の中の「ケトル」の想い出話でした!

Izumi

2019.08.10

突然の海外暮らし


私には5歳年上の姉がいるのですが、数年前、姉一家は旦那さんの転勤に伴い、急遽シンガポールに暮らすことになりました。引っ越す前は、私とどっこいどっこいだった姉の英語力。しかし、暮らし始めた最初の夏、私が姉の家へ遊びに行ったときには随分と変化を感じたのでした。

シンガポール滞在中、ちょっと頑張って一人で街へ繰り出した私が、タクシーで姉の家へ戻ろうとすると、タクシーの運転士さんがしきりに私に何かを伝えようとしました。これ以上ないと言うくらいスローな英語で言ってくれているのですが、私の頭は真っ白。どうにもならないので姉に電話をして運転士さんと話してもらいました。すると、

姉:「高速を使うか使わないかと聞いてるよ」と。

なるほど!しかし、もし聞き取れていても結局、高速を使った方がよいのかどうかがわからぬ私は答えることは出来なかったという話でもあるのですが、数か月の滞在で、運転士さん相手に限らず、随分とナチュラルに英語を話す姉をみて、またもやちょっとカッコよく、羨ましく思った妹なのでした。

Izumi