鎌倉駅から徒歩4分 鎌倉の英会話スクール
IAC インターナショナル・アカデミック・コンサルタンツ

ニュース&ブログ

News & Blog

2017.10.21

Australia


こんにちは!
実は今年の夏休みに、オーストラリアへ行って来ました🇦🇺🐨
まず着いて驚いたことは寒い!笑
南半球にあるオーストラリアは、日本と季節が真逆なので寒いんです。
他にも日本と違う点がたっっくさんありました。
・お金がプラスチック製!
・とにかく道が広〜い!家が大き〜い!
・自然がたくさん🌳馬や牛、カンガルー!ワラビー!動物と共生している感じでした。
・フレンドリーーー!どのお店に行ってもいつも笑顔で、Have a nice day!と言ってくれました。
全く違う環境で過ごした12日間はとても幸せなものでした。
またいつか行きたいです💕
Hi☀️

2017.10.19

今日のつぶやき


雨は嫌いじゃない。毎日続くと嫌だけど、ちょっと悲しいときは反対に癒される。雨の多いオレゴンで生まれたからかな。

 

I don’t mind rain.  I don’t like it when it rains days and days in a row, but for some reason it actually calms me.  Not that I grew up there, but maybe it’s because I was born in Oregon?

 

LL

2017.10.17

ウスターソース


小さいときソースのパッケージの名前を見て不思議だなぁと思うことがありました。基本的に私は濃厚ソースが好きだったのであまりウスターソースは使ったことがなかったのですが、なぜウスターソースが「ウスターソース」と呼ばれているんだろうと不思議に思っていました。「中濃」は字の中に「濃い」という字が含まれています。だから簡単に理解できます。でもウスターソースはカタカナで書いてあるので、なぜそれがウスターソースなんだろうと不思議に考えていました。いろいろ自分で考えてみたのですが、ウスターソースは中濃と違い薄いソースです。ですからその「薄い」という文字の「ウス」から「ウスターソース」になったのかと考えていましたが完全には納得できずにいました。大人になるまでそれがなぜウスターソースと呼ばれているのかはずっとわかりませんでした。

 

Worcestershire sauceこれがウスターソースの原語になります。ウィキペディアによればイギリスのウスター州の主婦が食材の余りを調味料とともに保存したところソースができていたとありました。また製品化されたのは1835年ごろで、イギリスの植民地であったインドからマーカス・サンズ卿がソースの作り方を持ち帰って薬剤師に作らせたのがきっかけです。その薬剤師の名前がジョン・W・リー(John Wheeley Lea)とウィリアム・ペリンズ(William Henry Perrins)。この二人が1837年に実用化して二人の名前「Lea & Perrins」を取り「Lea & Perrins Worcestershire sauce」が誕生しました。地名から「ウスターシャー・ソース」と呼ばれているそうです。このソースは英国王室御用達のブランドソースでイギリス国民に愛されています。

 

この謎が解けるまでかなりの時間を費やしました。謎が解けてちょっとうれしい私です。

 

ぽれぽれ