鎌倉駅から徒歩4分 鎌倉の英会話スクール
IAC インターナショナル・アカデミック・コンサルタンツ

ニュース&ブログ

News & Blog

2017.12.18

シュトレン


もうすぐクリスマスですね。クリスマスにはいろんな食べ物があります。今回はドイツのクリスマスケーキ、stollen(シュトレン)の歴史について書いてみたいと思います。私はパン教室でドイツの伝統的なレシピを元にシュトレンの作り方を教わりました。もともとレーズン入りのケーキはあまり好きではなかったのですが、このパン(シュトレン)は本当においしくてその味にはまり、毎年クリスマス時期にはこのレシピでシュトレンを作っています。

 

シュトレンの歴史は古く、ドイツのザクセン州ドレスデンが発祥の地とされ14世紀ナウムブルク(Naumburg)の当時の司教への贈り物でそれがシュトレンの原点とされているそうです。私のパン教室の先生から聞いた話では、当時ヨーロッパなどでオレンジやレモンなど南国のものは簡単には手に入らず、クリスマスの時期だけは特別にということでバター、レモンピール、オレンジピール、アーモンドなどの材料をたっぷり使ったパンを作ることが許されたそうです。あるサイトによるとキリスト教の断食期間である四旬節(しじゅんせつ)にはバターと牛乳の摂取が禁じられていたため、水、オーツ麦、甜菜の根の油を使用していたそうです。この味気のないシュトレンに不満を持ったザクセン選帝侯エルンストと弟アルブレヒトはローマ教皇へバター・牛乳摂取禁止令の撤廃を懇願し、1491年にようやく「バター食用許可証(Butterbrief)」が公布されたそうです。

 

白い粉砂糖に覆われ独特な形状についてはいくつか節があるそうですが、キリストのおくるみを模したというのが一般的です。ドレスデンには伝統的な味を守るために小麦粉やバター、ドライフルーツの量を細かく規定したレシピがあり、忠実に守ったものだけが「ドレスナー・シュトレン」として販売されているそうです。

 

ぽれぽれ

2017.12.15

Cozy


いよいよ冬です!Winter has come!

あまり寒くないと思って油断していると大変です。陽がなくなると大分寒くなります。私は冷え症なので冬は温かいズボンにソックスをはいて過ごします。家のheater(暖房機)は普通のエアコン(air conditioner)です。風が吹くので部屋の中がちょっと乾燥してしまうのですが、水分を多く撮るように心掛けています。

近所に暖炉(fireplace)がある家が2軒あります。暖炉で薪が燃える匂いはいい香りで冬がきたなぁとしみじみ感じます。暖炉がある部屋にあこがれていたので、家を建てるとき探してみましたがその値段が少々高額で諦めてしまいました。家の断熱材がいいのか2階のリビングはとても暖かくなります。ただ1階は別世界です。かなり寒いですが暖房を付ければ大丈夫。

ここで英語の表現をひとつ。

cozy・・・1.〔場所が〕暖かい、居心地がいい、くつろげる

cozy by the fire ・・・暖かい居心地のいい暖炉

これからますます寒くなります。皆さん、どうぞ体調管理お気をつけください。

ぽれぽれ

2017.11.22

ゴッホ


先日、上野の森美術館でやっている「怖い絵展」を見に行こうと主人と二人で上野まで出かけました。きっとそんなに人気はないだろうと思って行ったのですが美術館の前に着いて驚きました。そこには美術館へたくさんの人が並び入るまでなんと50分待ち。テレビで紹介されたそうで「怖い絵展」は大人気になり、私たちは諦めてすぐ近くの都美術館のゴッホ展を見に行くことにしました。

 

日本の浮世絵が好きだったゴッホですが、その展示には広重、北斎、歌麿の絵も展示されていました。北斎は色が青と白、広重は北斎に比べてカラフル、そんな印象を受けました。ゴッホは日本の浮世絵を真似てたくさんの絵を描いています。展示の浮世絵の中に大きな木が一本中心に立っている絵がありました。ゴッホはこれを真似て大きなアーモンドの木を真ん中に描いた絵があります。絵の構図がそっくりで日本画を真似て描いたというのがはっきりわかりました。

 

展示の最後は3点の絵が展示されていました。これらは圧倒的で力強く、絵を見るたびに彼の才能を感じずにはいられませんでした。彼の独特の描写方法でうねるように描かれている絵具の質感。今回の展示会ではその描写がとても印象に残り彼の才能のすごさに気持ちが高ぶりました。

 

生きている間に売れた絵はたったの1枚。そんな彼を支えたのは彼の弟とそのお嫁さん。今の時代を彼が生き、そしてこんなにも愛されている画家と知ったらどう思うでしょう。

 

ぽれぽれ

1 / 2412345...1020...最後 »